世界農業遺産「清流長良川の恵みの逸品」フェア

世界農業遺産「清流長良川の鮎」推進協議会では、世界農業遺産や「長良川システム」の意義をPRするとともに、清流の象徴である県魚「鮎」に対する関心を高めることを目的として、7月の第4日曜日を「GIAHS鮎の日」として定めています。

世界農業遺産「清流長良川の鮎」は、平成27年12月15日に世界農業遺産に認定されてから今 年5周年を迎えました。認定5周年を記念し、認定を獲得した時の熱い記憶を思い起こすとともに、「清流長良川の鮎」を次世代へとつないでいく決意を新たにするため、シンポジウムやパネル展、世界農業遺産マルシェなどの各種行事を、5周年記念イベントシリーズとして開催致します。
そこで、イベントシリーズの一つとして、「清流長良川の恵みの逸品」に認定された商品をPRするイベントを、県産品の販売・PR拠点として設置されている「岐阜おみやげ川島店」及び、インターネット通販サイトで実施することと致しました。

お誘いあわせの上、ぜひご利用・お越しくださいませ!

【概要】
期間:2020年11月19日(木)~2020年12月15日(火)
場所:岐阜おみやげ川島店
時間:平日 9:00-18:00 土日祝 9:00-21:00

楽天ショップ飛騨美濃すぐれものにおきましても同フェアを開催中です。
https://search.rakuten.co.jp/search/mall/giahs/?sid=205547

世界農業遺産(GIAHS)とは
正式にはGlobally Important Agricultural Heritage Systems(GIAHS:ジアス)といいます。その土地の環境を生かした伝統的な農林水産業や、生物多様性が守られた土地利用、農村文化や農村景観などが一体となり、維持保全が図られている世界的に重要な地域を後世に引き継ぐことを目的として、2002年にFAOにより創設されました。